東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が“神対応”で見せた男気

東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が“神対応”で見せた男気

「男を上げましたね」(テレビ局関係者)ともっぱらだ。俳優・桐谷健太(39)の話。

 桐谷は、不倫騒動で猛バッシングを受けている俳優・東出昌大(32)とともにテレビ朝日系の連ドラ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」でダブル主演を務めている。桐谷にとっては連ドラ初主演作。“同僚”にミソをつけられた格好だ。

 ところが、1月29日に都内で行われたイベントに登場した桐谷。東出の不倫騒動については“質問NG”だったにもかかわらず、報道陣にしっかり対応してみせた。

「みんなで最高の作品にするために、全身全霊全力でやっています」「嫌悪感を抱いてしまった人もいるかもしれないですけど、ぜひ見ていただけたら、うれしいです」などと“恨み節”をこぼすでもなく、明るく呼びかけたのだ。

「あれが“正解”だったと思いますね。もしコソコソ逃げるような真似をしていたら、視聴者の反感を買っていた」と、芸能ライターのエリザベス松本氏はこう続ける。

「自身の連ドラ初主演作ということで、桐谷さんは周囲に『大事に考えている』などと熱い思いを語っていたそうです。東出さんの不倫騒動に一番ショックを受けているはずなのに、そんなことはおくびにも出さず、『自分たちは一生懸命やるだけ』という素直な思いを真剣にぶつけた。もともと桐谷さんは、ハートは熱いけどユーモアのセンスもある大阪の気のいいニーチャンです。深刻になり過ぎないように苦笑交じりで話してみたり、彼のいい面がストレートに出たから、好感を持たれたのでしょう」

 そのおかげかどうか、東出の不倫発覚直後に視聴率1ケタ台に転落した「ケイジとケンジ」は、30日放送の第3話で2ケタ台に回復した。

「桐谷はある意味“被害者”みたいなものですからねえ。それでも逃げずに、自分の嘘偽らざる気持ちを話してみせた。ビジネスの世界でもそうでしょうが、最近のお客さん(視聴者)は変に隠し立てしようとすると、すぐに見抜く。共演している比嘉愛未も開き直るでも卑屈になるでもなく、自身のSNSで〈ケイジとケンジよろしくね〉とド直球に呼びかけていましたが、ファンにはこれが好評で、〈頑張って〉〈見続けます〉なんて応援メッセージが多数寄せられています」(前出のテレビ局関係者)

 同僚のトラブルであおりを食ったら、逃げずに素直に対処した方がよさそうだ。