日本の音楽シーンを進化させたゴダイゴの大傑作『西遊記』

引用元:OKMusic
日本の音楽シーンを進化させたゴダイゴの大傑作『西遊記』

OKMusicで好評連載中の『これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!』のアーカイブス。日本テレビ開局25周年TVドラマ『西遊記』のサウンドトラックでもあり、ゴダイゴのオリジナル・アルバムでもある『西遊記』を紹介する。元ゴールデン・カップスのミッキー吉野を中心に結成されゴダイゴは、日本の音楽シーンであり、数多くのアーティストに多大なる影響を与えた偉大なるレジェンドである。
※本稿は2015年に掲載

1978~79年の快進撃

街を歩いていても、家に居ても、とある楽曲が聴こえてきて、「最近、この曲、よく聴くなぁ」なんて思った経験は誰にでもあるだろう。ミリオンセールスが少なくなった今でも、まだまだよくあることだと思う。俗に言うヒット曲。例を挙げれば枚挙に暇がないが、古くはジュリーやピンクレディー、小室ファミリーもそうだったし、最近ではEXILEや嵐を思い出す。個人的に最も印象に残っているのが1978~79年のゴダイゴの快進撃だ。1978年の「ガンダーラ」「モンキー・マジック」、1979年の「ビューティフル・ネーム」「銀河鉄道999」「ホーリー・アンド・ブライト」と、かなり大袈裟に言うと、当時はゴダイゴの楽曲を聴かない日がないほどであった気がする。

こんなことがあった。1979年の夏休み。当時中学生だった筆者は友人とともに街に遊びへ行ったところ、ラジオ番組の公開録音現場に出くわした(公開生放送だったかもしれない)。そこで番組で流す曲のリクエストも受け付けていた。「そういうことなら…」と友人と示し合わせて、当時大ヒットしていた「銀河鉄道999」と書いて所定の箱に用紙を投函。番組の開始を待った。そのうちに、前説だったか番組パーソナリティーだったか男性が登壇して諸注意と曲のリクエストを募ったのだが、彼はこんなことを言った。「どんどんリクエストをください。今、あの何とか鉄道とかいう曲ばっかりですので他の曲もお願いします」と。未だいたいけな中学生だった我々は何か悪いことに加担した気がして、肩を落として静かにその場を立ち去り、以後、ハードコアパンクしか聴かなくなったという…というのは嘘だが、何だか恐縮してしまったのは事実。壇上の方も「銀河鉄道999」のリクエストばかりで、辟易していたのだろう。今になればそれもわかる。毎日「××××××」(編集部註:自主規制)を聴かされたら自分もそうなる。ただ、当時はそれだけ皆、特に子供たちはゴダイゴが好きだったし、それほど街にあふれていたということである。