AKB48グループ「独立」の行く末

引用元:東スポWeb
AKB48グループ「独立」の行く末

 AKB48などを運営する「株式会社AKS」が2月に社名を「Vernalossom(ヴァーナロッサム)」に変更し、国内の48グループの運営から撤退することが20日、グループの公式サイトで発表された。AKBを結成当初から運営してきたAKSから、なぜ各グループは“卒業”するのか?

 AKSがマネジメント業務を担当していたAKB48、HKT48、NGT48はAKSから独立させ、新会社で運営する。AKSは今後、9つある海外姉妹グループと、日韓ガールズグループ「IZ*ONE(アイズワン)」の運営、新規事業を行うという。

 AKB48は同グループなどの衣装制作やスタイリング等を行うオサレカンパニーの代表でAKS執行役員・内村和樹氏が代表取締役として、4月に「株式会社AKB(仮)」を設立予定。HKT48は、現AKS執行役員の前田治昌氏が代表取締役として3月に「株式会社HKT(仮)」を設立予定で、NGT48は、同グループ副支配人の岡田剛氏が代表取締役として3月に「株式会社NGT(仮)」を設立する予定だ。

 関係者によれば、新会社の所在地や劇場支配人などは決まり次第、発表する。メンバーのマネジメントを含めた経営・運営体制の強化、効率化を目指すという。公式サイトでは「新たな時代を迎えるなか、社員一同新たな気持ちで、より一層業務に邁進する所存でございます」と決意を新たにした。

 昨年、AKB48グループはかつてない岐路に立たされた。

 この年1月に元NGT48メンバー・山口真帆(24)がファンを名乗る男性2人に襲われる事件が発覚。事件を発端にしたNGT騒動は混迷を続け、その影響は他のグループにまで波及する格好になってしまった。

「グループ最大のイベントであるAKB選抜総選挙も昨年は開催されなかった。10回目の区切りも理由にはありますが、ファンを不安にさせたNGT騒動は少なからず影響はあった。まったく罪のないメンバーにも過激なバッシングが降りかかる状況も生まれた。騒動に乗じてAKBグループをはじめ、アイドルグループを快く思わないネット民がネットで殺害予告までし、逮捕される事態まで起きてしまった」(芸能関係者)

 そう考えると、AKSからの独立はNGT騒動があったからこそという見方をされてもおかしくないが、他のグループの現状を考えると、そうとも言い切れない面もある。

 瀬戸内7県を拠点とする「STU48」はAKSではなく、一般社団法人「せとうち観光推進機構」と株式会社「瀬戸内ブランドコーポレーション」から構成される「せとうちDMO」が出資する株式会社STUが運営。SKEとNMBも独立し、別会社が運営している。「そうした流れから考えると、AKB、NGT、HKTも遅かれ早かれ、近い将来、それぞれ独立の道を歩む流れではあったでしょう。もともと、東京に本社があるAKSが新潟や博多などのグループの状況を細かく把握し、運営することはなかなか難しい。やはり地元に精通した企業などが加わる運営会社が請け負うべきという面はある。AKB、NGT、HKTが独立することで組織の風通しが良くなることは間違いない」(前同)

 48グループは新たな体制で生まれ変わることができるか。