故プリンス、62歳の誕生日に合わせてエステートが「Baltimore」のMV公開

引用元:Billboard JAPAN
故プリンス、62歳の誕生日に合わせてエステートが「Baltimore」のMV公開

 故プリンスの62歳の誕生日に合わせて、生前のプリンス本人による不寛容についての力強いメッセージをエステート遺産管理団体が発信した。

 故プリンスの個人的なアーカイヴに保管されていた手書きのメッセージには、「黒、白、赤、黄、男の子や女の子間の不寛容よりも世界中で醜いものはない」と綴られており、白人警察官による黒人男性ジョージ・フロイドの殺害への抗議運動が全米各地で続く中、しかるべきタイミングで発表された。

 エステートは、このメッセージをSNSでシェアするとともに、故プリンスが「生涯をかけて、不平等に対して声をあげ、ブラック・エクセレンス黒人の素晴らしさを唱道し、“Love 4 One Another”お互いへの愛というメッセージを広めていた」というコメントを添えている。

 加えてエステートは、故プリンスによる2015年の「Baltimore」の公式ミュージック・ビデオも公開している。米ボルチモア警察に拘束された際に骨折したことが原因で拘留中に死亡した25歳の黒人男性フレディ・グレイにインスパイアされた同曲のMVは「システムは壊れている。今回、それを修復するのに必要なのは若い世代だ。我々には新たなアイディア、新しい命を吹き込むことが必要だ」という故プリンスの言葉で締めくくられている。

 故プリンスは、2017年に米ミネアポリスの自宅でオピオイドの過剰摂取のため57歳で亡くなった。