映画『カセットテープ・ダイアリーズ』7・3公開決定

引用元:オリコン
映画『カセットテープ・ダイアリーズ』7・3公開決定

 新型コロナウィルスの感染状況ならびに予防対策のため、公開延期となっていた映画『カセットテープ・ダイアリーズ』の新たな公開日が7月3日に決定した。

【動画】映画『カセットテープ・ダイアリーズ』予告編

 映画『ベッカムに恋して』(2002年)のグリンダ・チャーダ監督の最新作。英国ガーディアン紙で定評のあるジャーナリスト、サルフラズ・マンズールの回顧録「Greetings from Bury Park: Race, Religion and Rock N’ Roll(原題)」を基に、ブルース・スプリングスティーンのロックとともに描く青春音楽ドラマ。

 イギリスの町ルートンで暮らすパキスタン移民の高校生ジャベド。音楽と詩を書くことが好きな彼は、閉鎖的な街の中で受ける人種差別や、保守的な親に価値観を押し付けられる鬱屈とした生活から抜け出したくてたまらない。だがそんなある日、そのモヤモヤをすべてぶっ飛ばしてくれる、ブルース・スプリングスティーンの音楽と衝撃的に出会い彼の人生は変わり始める。

 出演は、ヴィヴェイク・カルラ、クルヴィンダー・ギール、ミーラ・ガナトラ、ネル・ウィリアムズ、アーロン・ファグラ、ディーン=チャールズ・チャップマン、ロブ・ブライドン、ヘイリー・アトウェル、デヴィッド・ヘイマン、ほか。

 本作の映劇場・上映スケジュール・感染予防対策に関しては、各劇場のホームぺージを確認の上、各自感染予防に努めよう。すでに購入済みの前売券(ムビチケ)も有効だ。なお、今後の劇場での興行において、政府・地方自治体からの要請や不測の状況になった場合は、興行を再度延期もしくは中止となる場合がある。