聖飢魔II、恐怖の新ビジュアルを公開

引用元:MusicVoice
聖飢魔II、恐怖の新ビジュアルを公開

 地球デビュー35周年を記念して期間限定で再集結する悪魔の集団・聖飢魔IIが24日、恐怖の新ビジュアルを公開した。

 5月21日、悪魔教信者にはとても縁起の良い時刻『午後6時6分6秒』に、聖飢魔IIの構成員(メンバー)であるルーク篁参謀とジェイル大橋代官が突如としてインターネット上に姿を現した。

 真新しく輝く戦闘服に身を包み武器であるギターを構える悪魔の姿はとても眩しく、35周年への意気込みが滲み溢れている。約5年振りのギターヒーローツインズの登場に、多くの悪魔教信者からは、『いよいよ、遂に始動した感がビンビン』、『最高にかっこいい』、『悪魔って歳とらないのか!?』、『聖飢魔II再集結やばい!嬉しすぎて泣きそう』等と歓喜の叫びが上がった。

 そして翌22日午後6時6分6秒には、ドラムを前にしたライデン湯澤殿下とゼノン石川和尚のベースを構える堂々たる姿が出現。ジャンルを超える最強のテクニックを誇るモンスターリズムセクションとしての貫禄がみなぎっている。

 更に公開3日目には満を侍してデーモン閣下が金色の戦闘服に身を包む、威風堂々とした姿でご降臨した。その怒りに満ちた戦闘モード全開で威嚇する先に、閣下は果たして何を見据えているのか!?

 そして、遂に、4日目となる5月24日午後6時6分6秒、35周年の期間限定活動を行う5人の構成員が再集結し登場した。聖飢魔IIとして35年の時を刻んだ悪魔達の姿、ここに収められている彼らの姿は極めて美しい。

  再集結した新ヴィジュアルの登場に、激しい恐怖と心を引き裂かれる希望感に苛まれ、おののきのたうち回る愚かな人間どもからの歓喜のエールが幾重にもこだまする事となった、混沌とするこの世の中で聖飢魔IIが魔界から降臨して地球を救うのか!?

更に、聖飢魔IIに関しての新しいニュースも発表されている。

 5月31日(日)にFM福岡にて「FM FUKUOKA開局50周年&聖飢魔II地球デビュー35周年記念『エースとルークの魔界接近遭遇 再来』」という特別番組が放送される。

 『エースとルークの魔界接近遭遇』は、もともと魔暦前6(1993)年5月から魔暦前5(1994)年2月まで放送された、聖飢魔IIの構成員のエース清水長官と、ルーク篁参謀によるトーク番組である。今年がFM福岡開局50周年と聖飢魔II地球デビュー35周年である事から、互いの周年を称え合い一夜限定で放送される。

 エース清水長官は、魔暦元(1999)年の聖飢魔IIの解散後は、魔暦7(2005)年の聖飢魔II地球デビュー20周年記念期間限定再集結時に降臨して以来、それ以降の再集結には参加しておらず、まさに、一夜限りの再集結が叶うという記念すべき番組となる。深夜26時から26時30分での放送。

聖飢魔IIは本年の10月11日(日)から翌年3月にかけて行う大黒ミサツアー(コンサートのような形式で行われる集会)を発表しており、また、聖飢魔II 公式支援団体「秘密結社 魔人倶楽部35th」が期間限定で開設されている。