仲間由紀恵、日本初の女性総理に!? 「少し尻込みしますが…頑張ってなりきる」 唐沢寿明とタッグ、テレ朝系ドラマ「24 JAPAN」

引用元:中日スポーツ
仲間由紀恵、日本初の女性総理に!? 「少し尻込みしますが…頑張ってなりきる」 唐沢寿明とタッグ、テレ朝系ドラマ「24 JAPAN」

 女優仲間由紀恵(40)が、唐沢寿明(56)主演のテレビ朝日系ドラマ「24 JAPAN」(10月スタート)に出演し、日本初の女性総理を目指す政党の党首を演じる。これまでドラマや映画などでさまざまなキャラクターを演じてきた仲間だが、総理候補役には初挑戦。「少し尻込みしてしまいますが…頑張ってなりきりたい」と緊張感を漂わせながらも意気込んだ。

 「24 JAPAN」は、CTU(テロ対策ユニット)の捜査官の活躍を描いた米ドラマ「24」の日本版リメーク。日本初の女性総理誕生が期待される総選挙当日の24時間が描かれる。主人公でCTUの班長・獅堂現馬(唐沢)が、「民生党」党首で女性総理候補・朝倉麗(仲間)暗殺計画を阻止するため極秘任務にあたる。

 朝倉は国民からの支持も厚く、日本初の女性総理になるのではと期待される人物。慎重で聡明、剣道もたしなむ文武両道の女性で、息子と娘を持つ母親でもある。夫と二人三脚で政治活動を行いクリーンなイメージが強いが”裏の顔”もある。総選挙当日、自らの暗殺計画が発覚し、さらに家族にまつわる大トラブルも発生。朝倉は暗殺を免れ総選挙に勝利し総理の座をつかむのか、仲間の熱演に期待がかかる。

 これまでNHK大河ドラマ「功名が辻」(2006年)、テレ朝系「TRICK」、日本テレビ系「ごくせん」など数々の人気ドラマで主演を務め、多様なキャラクターを好演してきた仲間だが、総理候補という難役に「クランクイン前からすごく緊張しています」と告白。「朝倉麗は総理候補ですので、とても賢く、強い信念を持つ女性。そんな女性を演じるのかと思うと、少し尻込みしてしまいますが…頑張ってなりきりたいと思います」と決意を語った。

 主演の唐沢とは、今年1月放送のテレビ東京系スペシャルドラマ「ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女」以来2度目の共演。「今回は唐沢さんに守られる役ですので、厚い信頼を寄せながら(笑)、共演シーンを楽しみたい」と再会を心待ちにしている。

 新型コロナウイルス感染防止に注意を払う日々が続くが「自粛を意識しながら生活を続けていくことになりますが、日本版『24』のフィクションの世界に浸って、スピード感のある唐沢さんの活躍とともにストレスを解消して楽しんでもらえたら」とPRした。