兵庫県・アースシネマズ姫路、5月29日より営業再開

兵庫県・アースシネマズ姫路、5月29日より営業再開

 兵庫県姫路市のシネマコンプレックス・アースシネマズ姫路(テラッソ姫路4F)が、新型コロナウイルス対策の休業要請の範囲が緩和されたことを受け、5月29日(金)より営業を再開する。

 再開にあたって感染防止策が強化され、当面は座席数を制限し、出入口ドア・手すりなど共有部を除菌。従業員はマスクを着用し、受付には仕切りを設ける。常時空調設備を稼働させ、外気を取り入れるなど換気も徹底するといい、ブランケットの貸し出しもしばらく中止する。 マスクを着用していない観客の入場は断る。館内消毒液での手指消毒や、咳エチケット等への配慮に加え、列に並ぶ場合や入退場時には、密集を避けるため、2m(最小1m)を目安に、ほかの観客との間隔を空けるように呼びかける。さらに同館では「発熱がみられる、咳・咽頭痛などの症状がある・過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある等の健康に不安のあるお客様の鑑賞は固くお断りいたします」としている。 29日からは『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』の4DXスクリーン上映をはじめ、『犬鳴村』『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』『一度死んでみた』『弥生、三月 君を愛した30年』『パラサイト 半地下の家族』『仮面病棟』などを上映予定。(編集部・入倉功一)