『Starena』はダッシュ&スラッシュの超高速ロボACT!細かい武器カスタマイズでアリーナを闘い抜け!【爆速プレイレポ】

引用元:Game Spark

最新ゲームが毎日大量にリリースされる昨今。メーカーやストアのゲーム紹介だけでは「どんなゲームかわからない!」とお嘆きのGame*Spark読者も多いのではないでしょうか。そこで“なるべく早く”ゲームの生の内容をお届けするのが本企画「爆速プレイレポ」となります。

関連画像を見る

今回は2020年5月21日Darksun Studioよりリリースされた『Starena』について、最新レポートをお届けしたいと思います。

『Starena』は高機動ロボットメカが大活躍!

本作は3Dのボクセルアートグラフィックで描かれた、メカ系アリーナアクションゲーム。試合会場に現れる敵を倒していく単純明快なシステムを採用しています。

プレイヤーは主人公ロボット剣闘士、「Mecha Reaper J3」として、立ち塞がる敵と戦っていくことになります。J3は登場する剣闘士の中では小型で、機動性で勝負をするタイプ。俯瞰型の視点で、ダッシュ&スラッシュを繰り返して敵を仕留めます。

全方向高速ダッシュが全ての基本

本作のアクション要素は非常に上質。プレイヤーの操作に敏感に反応し、キビキビとした動きでストレスを感じさせません。そんな“遊びやすい”アクションの特徴を最も生かしているのはダッシュ(コントローラーではLボタン)。素早く敵の攻撃を躱し、素早く近づき、斬り付けて、さらに距離を置く。これが主人公J3の特長を生かした基本戦術となります。

巨大な敵は基本的には動きが鈍く、主人公の方が行動が早いのもありますが、攻撃を仕掛けている最中でもキャンセルしてダッシュで移動できたりと、ピンチをチャンスに変える行動がボタン一つで行えます。「あ。俺って結構アクションゲームいけるんじゃ?」と思わせてくれるくらい熱いバトルを魅せることが可能なのです。

ボクセルアート&カスタマイズ

グラフィックは基本、ボクセルアートで描かれています。とはいえ、カクカクのキューブの集合体というよりは、パーツの細かいブロックで組み上げられた、カッコイイメカ群といった所でしょうか?

本作の目玉の一つが、主要武器のカスタマイズ。バトルで勝利すると様々な武器パーツがランダムで入手できます。それらを自由に組み合わせて、好みの武器を生み出せるのです。細かく区分けされたパーツ、そして複雑な形状。どれをどう組み合わせるか、は男子であれば間違いなく燃える要素です。さらに自分の外見も細かく変更が可能。自分なりの個性を表現したいプレイヤーにはたまらないシステムになっています。

投げ銭とファンからの差し入れの特徴を掴め

戦いを勝ち抜いているとファンが増えていきます。本作ではそのファンをアリーナの四方に配置できます。それぞれのファンは、投げ銭を撒いてくれるだけでなく、バトル中にフェンス際でアピール(コントローラーではRボタン)することで、回復アイテム等のパワーアップアイテムを投げ込んでくれるのです。

小兵であるJ3は一撃を食らうと大きなダメージを受けてしまいます。いつ、回復アイテムを投げ込んでもらうかは、戦略上大きなポイントになることでしょう。ファンが投げ入れてくれるアイテムは各々に設定されており、当然、回復アイテムだけではなく、様々な攻撃武器、強化アイテムなど多種多様。「どのファンをどの位置に配置するか?」も重要な攻略要素なのです。

やり応えバッチリな上に救済処置も洒落ている

本作はアリーナバトルがメインモードということで、その難易度はかなり高め。アクションがあまり得意では無いプレイヤーにとっては非常に厳しいと言っていいでしょう。ですが、その救済策もキチンと用意されています。その方法とは……魚頭になること。いえいえ、笑い事ではなく。

二回同じ敵に敗北すると、魚のキャラが登場します。このキャラに付いていき、質問に答え、100Gを支払うと、頭部が魚に変形するのです。頭部が完全にお魚になっている非常にシュールなデザインなのですが、戦闘中、HP回復アイテムの差し入れが異常に増加します。その効果は非常に大きく、難易度がベリーイージーになったかのよう。

ただし、この状態で戦うと敵の討伐記録の部分がお魚表示となり無効となってしまいます。救済処置としての特別なモードということなのでしょう。この魚頭状態は、ゲームを一度終了して再起動させれば元に戻ります。

本作の魅力の一つに、個性溢れる敵の存在もあります。多脚系、動物系、とにかく主人公J3よりも大きくパワフルなド派手な攻撃を繰り出してきます。敵の落とした武器を拾って、攻撃を仕掛けることも可能です。

非常にシンプルなシステムにも関わらず、奥行きも深く戦略性も高い本作。局所限定のバトルの設定によって、非常にわかりやすくまとまっていますが、奥行き、やり込み要素も深く、お手頃な価格に反比例して、コストパフォーマンスの良い作品に仕上がっています。アクション好きであればぜひ触って欲しい一作。日本語対応も待たれるところです。

タイトル:『Starena』
対応機種:PC(Steam)
記事におけるプレイ機種:PC
発売日:2020年5月21日
記事執筆時の著者プレイ時間:6時間
価格:1,520円

「爆速プレイレポ」ではハードコアゲーマーなライターから読者に向けて、新作タイトルの生の内容を伝えるプレイレポートをお届けします。

対象となるタイトルは、執筆時点で発売48時間内の新作、かつAAAからインディーまで、ジャンルやプラットフォームを問わず「読者が気になるだろうゲーム」もしくは「ハードコアゲーマーのアンテナが反応するゲーム」です。

性質上、本企画においてはゲームの評価や採点は行いません。ストーリーなどの「ネタバレ」も軽度な内容に留まることが殆どです。また、記事執筆にはデベロッパー/パブリッシャーからプレイレポート用として提供されたゲームソフトが含まれる場合もあります。プレイ時間自体も基本的には短い段階での執筆となります。

なお、マルチプラットフォームで展開されている作品においては、対応している機種のうちのひとつのエディションのみをプレイしています。そのため、本文内でプレイした際の使用機種についても明記しています。 Game*Spark 高橋 良明