的場浩司 自粛生活続き「さすがにしんどくなってきた」も「我慢…頑張ってきた日々を無にしたくない」

的場浩司 自粛生活続き「さすがにしんどくなってきた」も「我慢…頑張ってきた日々を無にしたくない」

 俳優の的場浩司(51)が19日、自身のブログで、緊急事態宣言が解除されるまでは自宅で過ごすことを誓った。

 新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が39県で解除されたことに触れ「解除になった県の方々…気持ちは和みましたか?コロナが消えた訳ではないので…3密にならん様に注意して…新しい生活へ繋げて下さい」と、今後も感染防止策を徹底するよう呼びかけた的場。

 緊急事態宣言が明ければ「親父の四十九日をやらんと」と言い「親父には申し訳ないけどまだやれてない…法要でクラスターが起きたらシャレにならんからね御寺さんと相談して…家族だけで法要します」と記した。

 緊急事態宣言の発令から1カ月弱。自粛生活が続く現状に「日々、家の中で過ごす…さすがにしんどくなってきた…家族と買い物も行けない…芝居も出来ない…仲間と遊びにも行けない…ちょっとストレスを感じる」と思わず本音。

 それでも「でも我慢…今日まで国民が頑張ってきた日々を無にしたくない…小池さんも『東京はまだ感染拡大中』って言ってる…緊急事態宣言が解除されるまでは家で過ごす」と誓っていた。