松本人志 自粛で映画業界への影響懸念 どんな映画よりも「今のほうがもっとひどいねんけど」

松本人志 自粛で映画業界への影響懸念 どんな映画よりも「今のほうがもっとひどいねんけど」

 ダウンタウンの松本人志(56)がが17日に放送されたフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。緊急事態宣言で外出自粛が続く中、映画業界への影響について語る場面があった。

 「大日本人」「さや侍」「R100」などでメガホンをとるなど映画監督としての顔を持つ松本。「映画が割と大変」と切り出し、公開延期作品が増えている現状に「公開日が伸びていき、どんどんだぶついていく」とした。

 さらに「暇でいっぱい映画を観ましたけど、向こうの映画でもテロリストでの攻めてきてどうたらって見ていても、今のほうがもっとひどいねんけど…って(思ってしまう)。なかなかね、宇宙人攻めてこようが、今のほうが(状態は)きついけどなって思ってしまって(内容が)入ってこない」と、現状の大変さでどんな映画を見ても内容が入らないと私見を述べた。