草川拓弥、中村倫也の“ぶっとんだ”弟役に起用「とても貴重な体験」

引用元:オリコン
草川拓弥、中村倫也の“ぶっとんだ”弟役に起用「とても貴重な体験」

 ダンス&ボーカルグループ・超特急の草川拓弥が、17日放送の日本テレビ系連続ドラマ『美食探偵 明智五郎』(毎週日曜 後10:30)第6話に出演することがわかった。中村倫也演じる主人公の私立探偵・明智五郎(中村倫也)の弟・六郎(ろくろう)役に起用。また、明智と六郎のお見合い相手となる社長令嬢の小早川紗英には北原里英が決定した。

【写真】お見合い相手の令嬢を演じる北原里英

 第6話では実家の百貨店の将来を案じる母・寿々栄(財前直見)の強引な段取りで、弟と一緒にお見合いをすることになった明智。見合い相手である小早川物産の社長令嬢・紗英に、明智か弟の六郎のどちらかを選んでもらうことになるが、当日遅刻した六郎に代わり、男装した苺(小芝風花)が代役を務めることに。

 そんななか、見合い会場となった料亭にはマリア(小池栄子)の姿が。大混乱のうちに見合いが終了した直後、突然明智の前で苦しみだした紗英が急死して…というストーリー。

 六郎は、兄・五郎とともに、扇屋百貨店の跡取りとして育てられた御曹司。変人の兄に対し、お見合いにも平気で遅刻してくるような、だらしないところがある大学生で、母・寿々栄に似て、残念なくらいの味オンチという役どころ。

 草川は出演に際して「かなりぶっ飛んでいる役柄で驚かれると思いますが、とても貴重な体験で楽しい撮影現場でした」とコメント。「新しい草川拓弥を見ていただけると思います!」と自信をみせ、「おうち時間にぜひ観てください!」とメッセージを寄せている。