爆笑問題、深海ドローンに興味津々「ドローンがあればもっといけちゃう」

引用元:オリコン
爆笑問題、深海ドローンに興味津々「ドローンがあればもっといけちゃう」

 お笑いコンビ・爆笑問題が17日放送の静岡テレビ製作の『爆笑問題の深海 WANTED6 最新マシンで深海大探査! 世界初&超レア映像連発スペシャル』(27局ネット、後4:05~、静岡テレビのみ後4:00~)のオンライン制作発表会に参加した。

【写真】深海に驚く藤田ニコル

 収録を終えた田中裕二は「今回も技術が進化している。今回、登場した深海ドローンなどを使えば、これから飛躍的に発見が増えるような気がしました。深海は宇宙と比較されたりするんですよ。似ているといわれてね。実は宇宙よりも謎が多いんじゃないかと。わくわくしますよね」と深海についてさらに関心を寄せた。太田光は「有人深海調査船ってすごいって言われているけれど、ドローンがあればもっといけちゃう。32時間カメラを沈めて撮った映像は、一番だな」とコメントしていた。

 今回が2回目の出演となる藤田ニコルは「地上は見えている世界だけど、深海は何も見えていない。見えてないからこそ、まだ他にもあるのかなぁとか、見たことがないものが自分にいっぱいあるんだなぁと思ったら、ちょっと興味が湧いてきました」と知的欲求が出てきたそう。動物好きとしても有名なココリコの田中直樹は「去年もすごく感動したけど、今年もすごい。世界初の映像や新種かもしれない映像を見ることができて。(開設の)鈴木香里武くんの説明もわかりやすかった。何よりもテレビ静岡の本気を見ることができるんですよ、この番組。本当にすばらしいなと改めて思いました」とうなった。

 このほか、ハリセンボンが参加した。

 深海とは、水深200メートルより深い海を示す総称。海の容積の実に95%を占めているが、そのほとんどが人類未踏のアナザーワールド。同番組は、2015年の放送開始以来、そんな未知の世界を追いかけてきた。第6弾となる今回は最新の深海マシンをフル稼働。沖縄と駿河湾(静岡県)で2大企画をお届けする。