ナイナイ矢部浩之「公開説教」の本気、30年前の「ダメ出し」岡村隆史にぶつけ返す 明かされた2人の歴史

引用元:withnews
ナイナイ矢部浩之「公開説教」の本気、30年前の「ダメ出し」岡村隆史にぶつけ返す 明かされた2人の歴史

相方である矢部浩之(48)による「公開説教」に発展したナインティナイン岡村隆史(49)の不適切発言は、これまでのタレントによる謝罪にはない展開を見せた。30年前、芸能界になじめず岡村から「性格変えろ!」と言われた矢部が、今度は、岡村に同じ言葉をぶつけることに。コンビ継続のため言わざるを得なかった矢部の厳しい言葉から、ファンや関係者との「閉ざされた世界」が成り立たなくなった時代のお笑いについて考える。(ライター・鈴木旭)

【写真】ジャージにジージャン、1994年に撮影された駆け出し時代のナイナイの2人のあふれる笑顔

許されるものではなかった発言

新型コロナウイルスによって仕事がなくなり経済的に苦しむ人がいる中、「コロナが明けたら可愛い人が風俗嬢やります」などと発言した岡村の行動は許されるものではなかった。

4月23日に放送された『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、リスナーから「コロナの影響で今後しばらくは風俗に行けないし、女の子とエッチなこともできないと思うので、思い切ってダッチワイフを買ってしまおうかと今真剣に悩んでます」という相談が届いた。

これに岡村は「いつか雨は上がんねんから。今は辛抱よ、これは」と笑い交じりに励ました後、「コロナが収束したら絶対面白いことあるんですよ」「短期間ですけれども、美人さんがお嬢やります」「短時間でお金をやっぱり稼がないと苦しいですから」「3カ月の間、集中的にかわいい子がそういうところでパッと働きます。で、パッと辞めます」などと続けた。

岡村の発言は「女性差別」「性的搾取」にあたるとしてネットニュースなどに取り上げられ、批判が集中。所属事務所の吉本興業がホームページ上に岡村本人の謝罪文を発表する騒動にまで発展した。

翌週30日に同番組で岡村は謝罪。事態を重く見た相方の矢部浩之が途中から登場し、岡村に「公開説教」することになった。

辛辣な指摘の裏にあるリスペクト

矢部の岡村に対する指摘は、なかなかに辛辣だった。岡村の失言に対する説教という枠を超えて、「岡村の根本的な性格」に対して苦言を呈するというものだ。

身内に甘えていて、矢部や番組スタッフに「ありがとう」「ごめん」を一度も言ったことがない。食事会などに誘われたら直接断らず、マネジャーに「仕事やったことにしといて」と頼んで逃げる。

歳を取って偉くなり、こうした“ズレ”を誰も指摘できなくなった。同業者やリスナーには岡村の風俗キャラが定着しているだろうが、知らない人が聞けば「女性軽視」「男尊女卑」と思われることに気づけていない。根っこの部分で致命的におかしいのは岡村だが、注意できなかったリスナーやスタッフ、作家も悪い。

2010年に体調不良で5カ月休業したが、復帰してから一度も矢部に謝ってもいない。そんななか、周囲の人間はさらに岡村に優しくなった。「かわいそうさんは炎上しない」という幅が広がった。ただ、世の中にはもっと大変な人もいる。岡村は、年を取って偉くなり、お金を持って、いい家に住んで、好きな車も買える。それは一般的に見て、かわいそうな立場ではない。

50歳近くにもなって、大人の交際をしたことがない。誰かに押されないとアプローチさえできない。矢部が結婚生活の秘訣(ひけつ)を聞かれて「ありがとうと、ごめんなさいです」と答えると、岡村は「白旗あげたんか」と反応した。「女性を敵として見てんねんな」と、根本的な女性コンプレックスを感じた。

矢部自身、結婚したことで、さらに女性をリスペクトするようになった。景色や価値観を変えるきっかけとして、これを機に岡村も結婚(間違いを指摘してくれるパートナーとの交際)を考えてみてはどうか――。

岡村の“ズレ”は天然であり、意図的なものではないと一定の理解を示しつつ、相方に対する芸人としてのリスペクトを踏まえながら、矢部は辛辣な言葉を浴びせ続けた。偉ぶるわけでもなく、声を荒らげるわけでもない。しかし、その淡々とした語り口には説得力があった。