乃木坂4期生の個人ブログや「モバメ」ファンの光に

引用元:日刊スポーツ
乃木坂4期生の個人ブログや「モバメ」ファンの光に

<ニッカンスポーツ・コム/芸能番記者コラム>

乃木坂46の4期生の新たな動きが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて自宅などにとどまるファンたちを喜ばせている。

【写真】乃木坂4期生「とてもいい経験」dTVドラマ出演

18年11月に加入した4期生11人は、加入して約1年半が経過した。4月から個人ブログが開設され、いわゆる「モバメ」と呼ばれるサービス「乃木坂46 Mail(モバイルメール)」もスタートした。

これまでは、11人によるリレー形式での日替わりブログが1日1人のペースで更新されていた。今後は先輩たちと同じ個人ブログで、自由なタイミングで更新できるようになった。オープン初日となった4月27日や28日には多くのメンバーが一斉にブログを投稿し、ファンからも多数のコメントが寄せられている。

さらに、熱心なファンを魅了しているのが「モバメ」だ。メンバーごとに有料登録したファンのスマートフォンに、メンバーからのメッセージや写真が一斉に送られてくるサービス。1日何通も送られてくることもあり、ブログよりも普段の素の状態に近い写真や、率直なコメントが記されている場合も多い。

メンバーによって個人差もあるが、4月20日に初回のメールが送られて以降、日々更新を続けている。もちろんメールアドレスはオフィシャルのものなので、ファンは直接メンバーに返信することはできないが、メンバーごとに「#(ハッシュタグ)」を設定し、ツイッターなどでつぶやくことで、モバメの感想などを発信、共有している。

個人ブログ、モバメともにファンの待望感が強かった。SNSなどではファンの「個人ブログ待ってました! 」「またモバメ来た。うれしい~」「モバメは沼だ。ハマってしまう…」などのコメントがあふれる。握手会やライブなどのイベント開催が難しい中、立派なエンターテインメントの1つとして楽しまれている。

乃木坂46の4期生には、昨年9月発売のシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」でセンターに大抜てきされた遠藤さくら(18)はじめ、魅力的なメンバーがそろっている。最新シングル「しあわせの保護色」に収録されている4期生楽曲「I see…」のミュージックビデオは、YouTubeで620万回以上再生されるなど大きな話題に。「奇跡の再来」世代として、未来のグループを背負うと期待されている。

さらに、4期生と同じ18年夏の「坂道合同オーディション」に合格し、1年間の研修生期間を積んだ新4期生5人も今年2月に加入した。4期生の個人ブログ開設とともに、新4期生のリレーブログもスタート。4月29日に投稿された林瑠奈(16)のブログは独特の内容がファンの間で話題となり、ツイッターのリアルタイム検索ランキングで「林瑠奈」が一時1位となった。

表だっての活動が難しい状況で、フレッシュなメンバーたちの新情報はファンも求めるところだろう。一見、ブログや「モバメ」は地味な活動かもしれないが、1つ1つの投稿やメールが、ファンを楽しませ、光となっている。