古舘伊知郎 徳永アナ「報ステ」復帰時の服装バッシングに不快感「真っ裸で出た訳じゃねぇんだから」

古舘伊知郎 徳永アナ「報ステ」復帰時の服装バッシングに不快感「真っ裸で出た訳じゃねぇんだから」

 フリーアナウンサーの古舘伊知郎(65)が1日のニッポン放送「古舘伊知郎のオールナイトニッポンGOLD」(金曜後10・00)で、徳永有美アナ(44)のテレビ朝日「報道ステーション」復帰を巡るバッシングにモノを申した。

【写真】俳優、歌手として活躍する古舘伊知郎の長男・古舘佑太郎

 古舘がかつてメインキャスターを務めた“報ステ”をめぐっては、富川悠太アナ(43)ら番組に関わる複数人が新型コロナウイルスに感染。徳永アナも自宅での自粛期間を経て、4月27日に復帰した。しかし、リモート出演時の服装を批判する人たちに対して、古舘がかみついた。

 「感染はしてなくて大丈夫だった報ステの徳永。復帰してきてオンラインで出た瞬間になんか“Tシャツ姿がどうしたんだ”とか“勘違い”だとか…もう、うるさいよ!!」とバッシングの主たちを一喝。

 「真っ裸で出た訳じゃねぇんだから。そんなの、衣装がそぐわしいとか、そぐわしくないなんて…取るものも取りあえずで出たんじゃないの?」と徳永アナを擁護し、「何で、そんなふうに悪者探しをしなきゃいけないの!」と標的を見つけては批判する傾向に不快感を示した。