タミヤ、ミニ四駆ジャパンカップ2020開催決定

引用元:Impress Watch
タミヤ、ミニ四駆ジャパンカップ2020開催決定

 タミヤは4月30日、ミニ四駆日本一決定戦「富士通 乾電池 提供 ミニ四駆ジャパンカップ2020」の開催を発表した。現時点で開催時期は未定だが、イベントが実施可能となった際、改めてアナウンスされるという。新型コロナウイルス関連でイベントが軒並み中止になる中、未定だが開催を決定する判断がなされたことに関して、ファンはうれしいところだろう。

【この記事に関する別の画像を見る】

 ミニ四駆ジャパンカップはその名の通りミニ四駆日本一を決める大会で、休止期間はあったものの32年もの長い期間開催されている大会である。全国各地で予選が行なわれ、年末に決勝が開催されている。

 この大会の目玉は毎年姿を変えるユニークなコースだ。全国のミニ四駆ファンはこのコースを突破するため様々なセッティングを試し、情報を収集し、より良いタイムを目指す。予選は全国各地区で行なわれるが、熱心なファンは複数の地域の予選に挑戦したりする。コミュニティで積極的に情報交換をしたりネットで共有する人もいるが、ひとりで黙々とセッティングを詰める人も少なくない。誰もが気軽に参加でき、そしてセッティングの道は限りなくディープだ。

 今回公開されたのは新サーキット「MAXサプライズサーキット2020」である。走行コースによりルートが変わる「サプライズロード」が大きな特徴だ。それでは各コーナーを見ていこう。

【VQSマウンテン】

【ムササビチェンジャー】

【スラッシュバンク】

【サプライズロード BYPASS-1】

【NEW ERA ターン】

【富士通 Premium S ストレート】

【[BYPASS-1]レイアウト】
■ジャパンカップ2020関連アイテム

【ネオVQS ジャパンカップ2020(ポリカボディ・VZシャーシ)】

【その他】 GAME Watch,勝田哲也