ざっくばらんで本当に裏表のない人…岡江久美子さん評伝

引用元:スポーツ報知
ざっくばらんで本当に裏表のない人…岡江久美子さん評伝

 女優でタレントの岡江久美子(おかえ・くみこ、本名・大和田久美子)さんが23日午前5時20分、新型コロナウイルスによる肺炎のため、都内の病院で死去した。63歳だった。3日に発熱、6日朝に体調が急変し、都内の大学病院に入院。ICU(集中治療室)で治療を続けていた。昨年末には初期の乳がんの手術を行い、放射線治療を受けていたことも明らかに。新型コロナ感染も、乳がんの手術についても公表しておらず、突然の悲報に日本中で衝撃が走った。

 96年9月から14年3月まで17年半にわたり、「はなまるマーケット」の司会を務め、「朝の顔」として人気を集めた岡江さん。薬丸が主に番組進行を担い、岡江さんが自身の体験談や感想を交えて話題を広げる名コンビだった。

 妻であり、母としての顔も生かし、庶民目線のコメントが好評だった。事件、事故や芸能ニュースを扱うワイドショーが多いなか、主に美容や料理、節約術など暮らしに役立つ生活情報を届けて主婦層から支持された。演劇など勉強熱心で知識が豊富な岡江さんは、どんなゲストを迎えても旬の話題で場を盛り上げた。

 「はなまる―」は岡江さんと薬丸の人柄が反映されたアットホームな雰囲気の番組。当時を知るスタッフは「17年半も続いた番組なので、途中から入ってくるスタッフも多かったのですが、岡江さんは若いスタッフも温かく迎えて仕事がしやすいように配慮してくれました。ざっくばらんで本当に裏表のない人です」と振り返った。番組は若手アナウンサーが最初に起用される登竜門としても知られていた。

 女優としては91年から99年までTBSドラマ「天までとどけ」で大家族の母親役を好演。収録現場では、役柄を超えて子役たちの面倒を見て、実の母親のように慕われていた。上戸彩主演のフジテレビ系ドラマ「暴れん坊ママ」、中居正広主演の「味いちもんめ」シリーズなどにも出演した。

 博識ぶりでも知られ、大和田獏と出会ったNHK「連想ゲーム」などバラエティー番組でも活躍。TBSのクイズ特番「オールスター感謝祭」では毎回のように上位入賞し、05年秋と10年秋は総合優勝を飾っている。15年当時の集計では、全47回の放送で正解の多かった芸能人ランキングの2位だった。

 娘の大和田美帆も女優の道に進み、15年に女児を出産。岡江さんは孫の誕生を喜んでいた。近年は女優業に意欲を見せながらも母親を介護するため、仕事をセーブすることが多かった。 報知新聞社