アカデミー賞5部門を制した名作スリラー『羊たちの沈黙』が午後ローに登場

引用元:cinemacafe.net
アカデミー賞5部門を制した名作スリラー『羊たちの沈黙』が午後ローに登場

テレビ東京で放送されている「午後のロードショー」枠では、4月15日(水)にジョディ・フォスターとアンソニー・ホプキンスが出演した名作スリラー『羊たちの沈黙』をオンエアする。

トマス・ハリスによる原作小説を映画化、1991年に公開され第64回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、脚色賞の主要5部門を受賞したほか、第57回ニューヨーク映画批評家協会賞、第41回ベルリン国際映画祭、第49回ゴールデングローブ賞など各賞を総なめにするなど、高く評価された本作。その後も続編となる『ハンニバル』や前日譚『レッド・ドラゴン』『ハンニバル・ライジング』はいずれも大ヒットを記録。

美しく頭脳明晰なFBIアカデミーの訓練生・クラリス・スターリング役に『タクシードライバー』で鮮烈なインパクトを与え『告発の行方』『フライトプラン』などの作品で知られるジョディ・フォスター。

のちに映画化された『レッド・ドラゴン』で描かれた事件で投獄された元精神科医のハンニバル・レクター役には『M:I-2』『マイティ・ソー』シリーズをはじめ『2人のローマ教皇』でもその演技が話題となったアンソニー・ホプキンス。

ある日“バッファロー・ビル事件”と呼ばれる連続殺人事件が発生。世間を震撼させたこの事件の捜査に行き詰ったFBIは、獄中の囚人ハンニバル・レクターに犯人のプロファイルを依頼しようと、行動科学課のジャック(スコット・グレン)はクラリスを呼び出す。クラリスは、連続殺人を犯した犯罪者たちの面談から行動心理を分析し、この先の捜査に役立つデータを収集するよう任務を与えられる。

レクターは10年近く監禁病棟の厚いガラスの独居房にいて、非常に知識が高く危険人物とされていた。レクターは礼儀正しいクラリスが気に入る。初めはレクターが時々覗かせる異常者の片鱗に怯えるクラリスだったが、彼の自分への興味を利用し、自分の過去を語ることと引き換えに徐々に事件の手掛かりを引き出すことに成功する。そんな中、上院議員の娘キャサリンが殺人鬼バッファロー・ビルに誘拐されてしまう。そこでクラリスはレクターに取引を持ち掛ける…というストーリー。

午後のロードショー『羊たちの沈黙』は4月15日(水)13時35分~テレビ東京でオンエア。 シネマカフェ 笠緒