「DIALOGUE+」ミニアルバム「DREAMY-LOGUE」リリース記念!内山悠里菜・守屋亨香・鷹村彩花・飯塚麻結に全収録曲の魅力を聞く

「DIALOGUE+」ミニアルバム「DREAMY-LOGUE」リリース記念!内山悠里菜・守屋亨香・鷹村彩花・飯塚麻結に全収録曲の魅力を聞く

 2019年10月23日に「はじめてのかくめい!」でデビューを飾った声優アーティストユニット・DIALOGUE+。2020年4月8日(水)に完全新曲6曲で贈るミニアルバム「DREAMY-LOGUE」をリリースした。

内山悠里菜、守屋亨香、鷹村彩花、飯塚麻結撮りおろし写真

 今回のミニアルバムは、デビューシングルに引き続き、田淵智也 (UNISON SQUARE GARDEN)が全作曲・プロデュースを担当。詞は声優の三森すずこ、赤い公園の津野米咲、パスピエの大胡田なつきが提供し、編曲では堀江晶太、fhanaの佐藤純一、中山真斗(F.M.F)、eba(F.M.F)、園田健太郎、広川恵一(MONACA)が参加するなど、豪華クリエイター陣が名を連ねた一枚となっている。

 超!アニメディアでは、そんな本ミニアルバムについて、デビューシングルに引き続き、メンバー8人にインタビュー。今回は4人2組ずつに分かれて、ミニアルバム全曲の魅力や聞いて欲しいポイントについてお話をうかがった。2組目は内山悠里菜、守屋亨香、鷹村彩花、飯塚麻結の4名。

私たち8人だから歌える

――今回は、ミニアルバムの楽曲について、1曲ずつおうかがいできればと思います。最初は「大冒険をよろしく」について。

守屋 まず、歌詞の文字数にビックリ! でも、曲の尺自体はいつもとそんなに変わらないから、どんな感じになるのだろうと思いました。

飯塚 最初は曲を聞きながら歌詞をみていたのですが、ちゃんと追えなかったです(笑)。だから、まずは歌詞をじっくり見ていこうと思って読み込んだんですよ。そしたら、「人生ってこんなに素晴らしい」という思いが歌詞に詰まっていて! もう、涙が出てくるくらいポジティブで、人の人生を救えるんじゃないか、というくらい前向きな曲だと感じたんです。こんな明るい曲を8人で歌ったらそりゃすごく楽しいだろうなと思い、レコーディング前からワクワクしていました。

鷹村 初めて聞いたときのイメージとしては青春!しゅわしゅわはじける!イェイ!みたいな感じ。それくらい明るく、前向きな気持ちになれる爽快な曲だなと思いました。

守屋 こんなに明るくて前向きな曲が歌えるのは、きっと私たちしかいない!って思うんです。「はじめてのかくめい!」のときも感じましたが、この曲も私たち8人だから歌えるものなんじゃないかな。

鷹村 どこまでいってもポジティブなんです、私たち(笑)。

守屋 そうなんです(笑)。

内山 私、趣味が冒険なんですけども。

飯塚 そうだったね(笑)。

内山 うん。だから、タイトルの「大冒険」という文字を見たときテンションが上がって! どんな冒険が待っているんだろうってすごく期待していたんです。実際に曲をいただいたら、こんなに速い曲を歌ったことはなかったし、言葉数も多くて……。本当に私にとっては大冒険でした。

――実際のレコーディングはいかがでしたか?

内山 「ひといきひといき忙しなくて」のパートをソロで担当しているのですが、ここは「実際に速さについていけず、息切れする感じを出してください」と田淵さんからディレクションしていただきました。それは私が最初に曲を聞いたときと同じ気持ちだったので、「わーお!」って声が出そうでした。

――鷹村さんはディレクションでどのようなことを言われましたか?

鷹村 「いつも通りの鷹村さんでお願いします」と言われました。

飯塚 さすが、ポジティブ代表!

鷹村 ありがとう! 私もソロパートがあるのですが、いつも通りの鷹村で歌いました。

守屋 私もこの曲に関しては「いつも通りで」と言われました。セリフのようなパートもあるのですが、そこは「駄々をこねるような子供っぽい感じで」と言われたので、かわいく歌っています。あと、私は音が高めのほうが歌いやすいのですが、この曲では高い部分を割り振ってもらえたので、とても歌いやすかったです。

飯塚 「はじめてのかくめい!」のときは歌割が決まっていない段階でレコーディングしましたが、今回は歌割が決まった状態だったんです。なので、この曲は、シングルの発売やライブを経て、私たちの特徴などをより知ってくださった田淵さんが、色々と考えて割り振りをしてくださったのかなと思いました。

――なるほど。そんな飯塚さんはレコーディングではどのようなディレクションがありましたか?

飯塚 歌の最後に「ってことでよろしく!」というパートがあるのですが、ここはかわいい声のなかに「締める感じが欲しい」ということでしたので、私はその「締める」担当をしました。そのちょっとした工夫にも注目していただけると嬉しいです。

――2曲目の「好きだよ、好き。」は、ライブイベント「DIALOGUE+JAM」(以下、JAM)でも披露されたことがある曲です。そこで、パフォーマンスなどを含めて、ぜひ皆さんの推しポイントを教えていただければと思います!

内山 ダンスでいえば、やっぱり手話だよね。

守屋 そうだね。ただ、実はレッスン時には振り付けが手話になっていると、聞いていなかったんです。あとからみんなで連絡取り合って、「もしかして……?」って話になったんですよ。

飯塚 (村上)まなつちゃんが調べてくれたよね。

鷹村 そうそう。手話って分かってからは、余計に感情を込めやすかった。この曲は、みんなの心に寄り添うことができる素敵な曲だと思っています。どんな人にも青春があって、色々な感情や面影もある。4月といえば、上京してくる方も多いと思いますが、この曲はそういう方々にも寄り添える歌詞になっているんですよ。

 そして、その歌詞をfhanaの佐藤純一さんの編曲がさらに引き立てている。これまでもfhanaさんは、元気な曲でも切ない曲でも、どこまでも感情に寄り添ってくれる曲を作られてきていました。この曲は、そんな佐藤さんらしさも、もちろんプロデュースしてくださっている田淵さんらしさも詰め込まれている一曲だと思います。

飯塚 素敵なこと言うね。

鷹村 ふっふ。おとなだからね!

飯塚 あんなに赤ちゃんみたいだった子が……(涙)。

守屋 こらえて、こらえて!

飯塚 ごめん、ごめん……。この曲は、本当にたくさんの人に寄り添える歌詞なんです。でも、私たちの視点からすると、サビの「君が僕を嫌いになる時は 僕が夢を捨ててしまう時だ だからそんな日が来ないように 今を歌い続けよう」の部分が、いまの心情をそのまま表していると思うんです。こんなにも歌詞と楽曲とダンスと気持ちが一体になる曲って、なかなかない。本当にこれが一番だなって、歌っているときに思いました。

守屋 みんなが言っていること、すごくわかる。だから、この曲のMV撮影もすごく気持ちが入った。そういう、私たちの気持ちを映像からもくみ取っていただければな、と思っています!