乃木坂46、白石麻衣ラストシングル初登場1位 「みんなと最後に作品が作れて良かった」【オリコンランキング】

引用元:オリコン
乃木坂46、白石麻衣ラストシングル初登場1位 「みんなと最後に作品が作れて良かった」【オリコンランキング】

 乃木坂46の最新シングル「しあわせの保護色」が、初週99.6万枚を売り上げ、3月31日発表の最新「オリコン週間シングルランキング」で、1位に初登場。これで2012/5/14付の「おいでシャンプー」から通算&連続24作目のシングル1位獲得となり、「女性グループ歴代2位」【※1】の「シングル通算1位獲得作品数」、「シングル連続1位獲得作品数」記録を自己更新。「シングル連続1位獲得作品数」は「女性アーティスト」としては、松田聖子と並び「歴代3位タイ」【※2】となった。

【動画】1シーン撮影が終わるごとに涙…「しあわせの保護色」MV この結果を受け、白石は「このような記録をいただけるのも、いつも応援してくださるファンの皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。乃木坂46としてもまた1つパワーアップできたらいいなと思いますし、『しあわせの保護色』がたくさんの方の元に届いたらいいなと思っています」とコメント。

 また、ミュージックビデオ(MV)撮影時「一期生との撮影の時は、懐かしい気持ちになってしまい、終わった時は何人かで泣いてしまいましたが、みんなと最後に作品が作れて良かったとつくづく感じています」と同期の絆を明かした。

 今作が乃木坂46としてのラストシングルになることについて、「約9年間、たくさんの方々に支えられ、たくさんの幸せを見つけてきました。応援してくださった皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。今回のシングルで乃木坂46として最後になりますが、どの曲も皆さんと作ってきた大事な楽曲なので、これからも乃木坂46の楽曲を愛してほしいですし、グループそして白石麻衣を温かく見守っていただけたらうれしいです」とこれまでの感謝を明かした。

 白石麻衣がセンターをつとめるラストシングルとなる本作は、「保護色」のように身近で気づかない「しあわせ」への思いを、メンバーが柔らかな声で歌うミディアムナンバー。MVでは卒業を祝う「プロム」をコンセプトに、白石とメンバーとのペアダンスや、1期生代表・松村沙友理のほか、2・3・4期生それぞれの代表から順に白石へ花束が贈られるシーンなどが見どころとなっている。

 なお本作初回仕様限定盤Type-Aに収録の白石麻衣ソロ曲「じゃあね。」は、白石自身が乃木坂46メンバーでは初となる作詞を担当。卒業にあたり交差するさまざまな想いやメッセージが伝わるしっとりとした曲調のバラードに仕上がっている。

 白石は2017年2月7日に発売された2ndソロ写真集『白石麻衣写真集 パスポート』がロングセラー。2月26日には「卒業記念カバー版」も発売され、2020/3/9付オリコン週間BOOKランキングでは、3年ぶりの総合TOP10入りとなる3位にランクインし、「写真集ジャンル累積売上歴代1位」を記録した。