水卜麻美アナ「人生変えてくれた」加藤浩次からのアドバイスとは…「1週間いないくらいで…」

水卜麻美アナ「人生変えてくれた」加藤浩次からのアドバイスとは…「1週間いないくらいで…」

 日本テレビの水卜麻美アナウンサー(32)が27日放送の同局「アナザースカイII」(金曜後11・00)に出演。「人生を変えてくれた」という、極楽とんぼ・加藤浩次(50)からの言葉を明かした。

 番組のロケで2年前に1人旅したイギリスを再訪、大ファンという「ビートルズ」ゆかりの地をめぐった水卜アナ。スタジオトークの場面で、MCの今田耕司(54)から「1人旅」について尋ねられると、「1人旅をするっていうのは、私苦手でそもそも。会社を休むのも好きじゃなくて、仕事が好きだったので」と切り出した。

 苦手だった1人旅。その考えを改めるようになったのは、加藤のアドバイスだったという。2017年10月から同局の情報番組「スッキリ」(月~金曜前8・00)にレギュラー出演している水卜アナは、同番組MCを務める加藤と共演中だ。「スッキリに行った最初の年に、加藤さんに『水卜ちゃんは1週間休んで忘れられるような仕事をしているわけじゃないよ』って言われて」と回顧。それまでは、1週間番組を休むと「みんな忘れちゃうし、いなくていいよなって思われちゃう、寂しいなって思っていた」という。

 「1週間いないくらいで忘れられるような仕事をしないように頑張らなきゃいけないし、だったらその1週間で得難い経験をしてきたほうが、その後もっと成長できるよ」。加藤のアドバイスを続けざまに紹介した水卜アナは、「本当に、人生変えてくれました」と感謝した。この秘話に今田は「しっかりしたこと言うな、加藤」と感心しつつ、「整備不良の車に乗っていたヤツとは思われへん、若いとき」と暴露、スタジオの笑いを誘っていた。