吉沢亮、撮影で爆発音の“おなら”に赤面 相手役にスルーされ「恥ずかしかったです…」

引用元:オリコン
吉沢亮、撮影で爆発音の“おなら”に赤面 相手役にスルーされ「恥ずかしかったです…」

 俳優の吉沢亮が20日、都内で行われた映画『一度死んでみた』公開初日記念イベントに登場。タイトルにちなみ「死んでしまいたいほど恥ずかしい思いをしたエピソード」を聞かれると吉沢は、今作で俳優・でんでんとの絡みを明かし「(暴れるでんでんを)羽交い絞めにして止めるシーンがあるのですが、すごい勢いでおならが出て…」と撮影中におならをしたことを話し照れていた。

【写真】小澤征悦、堤真一、リリー・フランキー、木村多江も登壇

 おならは音が出るものだったそうで「それが『プー』とかわいいものではなく、バイクのコールのような『ブォーン!』という爆裂音のような音が出て、ものすごいものが出た」とニヤニヤ。

 しかし、相手役のでんでんの反応は何もなかったそうで「絶対に聞こえているはずなのですが、でんでんさんが、そこに(おならをしたことに)触れてこないので、気を使っていただいた。それが逆に恥ずかしかったです…」と赤面し「ものすごいのが出たので、“み”が出たのかと思った」と笑わせた。

 イケメン俳優のおならエピソードに共演者の小澤征悦は「でんでんさんが触れてこなかったのは、おならをしたのは自分だと思ったからでは?」とフォローしていた。

 同作で売れないデスメタルバンドでボーカルを担当する女子大生・七瀬を広瀬すず、製薬会社を経営する父親・計(はかる)を堤真一、計の部下で存在感がなさすぎる松岡を吉沢が演じる。“2日間だけ死んじゃう薬”を飲んだ計が仮死状態になり、2日後には生き返るはずだったが、何者かの陰謀によりそのまま火葬されてしまいそうになる。父が大嫌いだった七瀬だが、松岡とともに立ち上がることを決意し、計を生き返らせようと奮闘していく物語。

 この日は、広瀬、木村多江、堤、リリー・フランキー、浜崎慎治監督も登場した。