「パラサイト」ポン・ジュノ監督「正直、なぜこんなに受け止められたのか分からない」

引用元:東スポWeb
「パラサイト」ポン・ジュノ監督「正直、なぜこんなに受け止められたのか分からない」

 第92回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の4冠を果たした「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督(50)、主演俳優ソン・ガンホ(53)が23日、日本記者クラブで会見した。

 映画は全員失業中の貧しい一家と、IT企業を経営する裕福な社長一家が出会ったことから始まる人間ドラマが描かれる。ジュノ監督は「光栄だが、受賞を目標にしていたわけではない。多くの国で公開が続き、何より熱い反応があり、うれしい。日本の観客の皆さんに感謝したい」とあいさつした。

 世界中で大ヒットしているが「正直、なぜこんなに受け止められたのか分からない。いつも通り、韓国の俳優と一緒に作った。私たちの時代の普遍的なテーマを描き、興行などを目的に作ったわけではないので不思議」と語った。

 さらに「映画祭などでは『貧富の格差をまとめている』という反応もあったが、少し違うと思う。人々に訴えた部分は予測を裏切るストーリー展開、とくに後半。『面白いストーリー展開が新鮮だった』との声を多く耳にした」と主張した。

 ガンホは「韓国と日本の映画の交流が少なくなった気がする。パラサイトをきっかけに、韓国と日本の作品が多くの方の愛情を受け関心を寄せるのでは。2000年来のようにお互いの作品に関心を持ち、声援を送り合えたら。お互いに国に対する共感が持てればと思う」と語った。