スイッチ『あつまれ どうぶつの森』は「セーブデータの引っ越し/お預かり」などに対応せず─独自機能でのバックアップを検討

引用元:インサイド
スイッチ『あつまれ どうぶつの森』は「セーブデータの引っ越し/お預かり」などに対応せず─独自機能でのバックアップを検討

『あつまれ どうぶつの森』のソフト予約とあらかじめダウンロードは、予定通り2月8日(土)より開始いたします。こちらの記事に「ご購入前にご確認いただきたいこと」などを追記しました。購入を検討されている方はご一読ください。 https://t.co/Ju86hinBUD pic.twitter.com/iiqteErkfP— 任天堂株式会社 (@Nintendo) February 6, 2020
任天堂は、ニンテンドースイッチソフト『あつまれ どうぶつの森』のセーブデータなどに関する注意点を公開しました。

可愛い住人たちに囲まれ、自分好みのスローライフを自由に楽しめる『どうぶつの森』シリーズ。その最新作『あつまれ どうぶつの森』では、舞台を無人島へと移し、自然豊かな環境で日常を積み上げていく新たな楽しさが味わえます。

この『あつまれ どうぶつの森』を遊ぶ上での注意点が、任天堂公式サイトのトピックスに追記されました。本作は、1台のニンテンドースイッチ本体と1本のソフトがあれば、本体に登録されているユーザーたち(最大8人)が、1つの島を共有して遊ぶことができます。

そのため、ソフトを複数本用意しても、作成できる島は本体1台につき1つ。ほかの島で遊びたい場合は、別の本体が必要となります。ちなみに、島のセーブデータは本体に保存されるため、同一の本体で遊ぶ場合、パッケージ版とダウンロード版の島(セーブデータ)も共通のものになります。

そして、本作のセーブデータは、「ユーザーの引っ越し」や「セーブデータの引っ越し」に非対応。そのため、「2台目の本体」などに元の島のデータを移動させることはできません。なお、Nintendo Switch Onlineの「セーブデータお預かり」にも対応していませんが、本作独自の形でセーブデータをバックアップする機能を検討しているとのこと。この機能の利用は、Nintendo Switch Online加入者に向けたものとなり、対応時期などはまだ未定です。

また、本作はニンテンドースイッチライトでもプレイ可能ですが、同じ島の住人同士での同時プレイ(パーティーモード)を楽しむ場合、人数分のJoy-ConもしくはProコントローラーを接続する必要があります。該当する方は、事前に必要なコントローラーを確保しておきましょう。

■[2月6日更新]『あつまれ どうぶつの森』、2月8日より予約開始!特別デザインの本体セット・キャリングケースも発売決定(トピックス内に注意喚起あり)
https://topics.nintendo.co.jp/article/13a78d5d-6e1e-433e-83d3-9166e5b1a992
(C)2020 Nintendo